「電話リレーサービス」学習会のご案内

ICT(情報通信技術)のめざましい発展により、スマートフォンやタブレットを使った聴覚障害者向けの遠隔コミュニケーションが普及してきています。
東京でも「ICT 遠隔通訳モデル事業」を実施しており、遠隔通訳を行う企業も増えています。
しかし、ICT を使った遠隔通訳、遠隔コミュニケーションとはどんなものか具体的に知らない方も多いと思われます。
そこで、日本財団助成、全日本ろうあ連盟主催、東京都聴覚障害者連盟協力による、「電話リレーサービス普及啓発のための学習会」を開催することになりました。
この「電話リレーサービス普及啓発のための学習会」はどなたでも参加できますので、東京のみならず関東一円の聴覚障害者及び関係者に呼びかけをお願いいたします。
電話リレーサービスの啓発のために多くの動員にご協力をお願いします。
なお、東京都の「差別解消条例」制定も大詰めを迎えており、東京の「手話言語条例」制定に結びつけるための取り組みも展開する必要があるということから、この学習会に合わせて「第45回東京都聴覚障害者施策推進地域担当者会議」を終了後に開催いたします。学習会参加者も傍聴できますので、よろしければこちらも参加ください。

期日:2017年12月24日(日)
場所:渋谷区立地域交流センター新橋(地下ホール)

詳細は下記リンク先よりPDFファイルをダウンロードしてください。
電話リレー学習会のご案内

Print Friendly
カテゴリー: アナウンス パーマリンク