連盟沿革

関連組織、施設設立等も含めてご紹介します。

内容
明治13年 東京で盲・ろう者の学校「訓盲院」(のちに「訓盲唖院」)誕生

訓盲院の外観。

訓盲院の外観。

明治24年 「東京盲唖同窓会」結成(日本初の聾唖団体)
明治41年10月 盲唖教育講演会が東京で開催(日本最初の聾唖者大会)
大正2年 東京聾唖学校出身者による「東京聾唖クラブ」誕生
大正4年11月25日 「日本聾唖協会」結成と同時に東京支部結成
大正15年4月 日本聾唖協会第一回法人総会東京ろうあ学校にて開催
(戦乱により活動休止)
昭和22年5月25日 「全日本聾唖連盟」、伊香保にて発足
昭和22年11月10日 東京四ろう学校同窓会連合結成、名称「東京口話クラブ」

連盟の前身、東京四校同窓会連合会(昭和22年11月)

連盟の前身、東京四校同窓会連合会(昭和22年11月)

昭和23年1月3日 東京口話クラブを基調に「全東京聾唖協会」結成
昭和23年9月23日 全日本聾唖連盟東京支部が「東京聾唖協会」として発足し団体分裂
昭和26年7月8日 全東京聾唖協会と東京聾唖協会が合併し「東都ろうあ連合会」を経て「東京都ろう者協会」発足(現団体の基盤となる団体)
昭和31年 ろう児施設 東京愛育苑金町学園建設
昭和31年9月16日 東京都ろう者協会に一時分離した東京聾唖協会が再統合
昭和33年4月28日 新宿区早稲田に国立ろうあ者厚生指導所(国立聴力言語障害センター)設立(現在は国立リハビリセンターとして所沢に移転)
昭和40年7月25日 社会福祉法人友愛十字会が東京都ろうあ者更生寮を建設
(現 東京都聴覚障害者生活支援センター)
昭和40年11月21日 「東京都聴力障害者協会」分離結成
昭和42年7月9日 東京都ろうあ会館建設委員会発足
昭和43年3月3日 耳の日記念の取り組み始まる都ろう協、耳の日記念講演会(麻布公会堂)都聴障協、耳の日記念大会・デモ(教育会館)
昭和44年9月26日 「東京都聴力障害者団体連絡協議会」発足
昭和45年10月7日 東京都手話通訳奉仕員養成事業開始(東京手まねを学ぶ会委託)
昭和45年10月31日 美濃部東京都知事との対話集会(ろうあ会館の建設・手話通訳の養成派遣・ろうあ相談日事業・ベビーシグナル貸与等について約束)
昭和46年6月13日 東京都ろう者協会と東京都聴力障害者協会の統合が進むが、離反したメンバーが集まり「全東京都ろう者連盟」を結成
昭和47年5月7日 東京都ろう者協会と東京都聴力障害者協会が合併し「東京都ろう者協会」発足
昭和48年7月2日 東京都手話通訳派遣事業始まる(東京都手話通訳派遣協会設立)
昭和50年5月10日 東京都障害者福祉会館(三田)オープン
昭和54年4月1日 東京都ろう者協会と全東京ろう者連盟が統合し「東京都聴覚障害者連盟」設立(都内ろう団体の完全統一なる)
事務所は豊島区大塚2丁目の全東京ろう者連盟事務所内
昭和55年3月1日 聴力障害者情報文化センター設立
昭和56年7月1日 事務所を新宿区新宿2-3-12グレイスビル7階に移転(東京都手話通訳派遣協会と共有)
昭和57年1月 ろう文化支援施設として黒柳徹子氏によるトット文化館(社会福祉法人トット基金)建設
昭和57年4月1日 東京都より法人許可がおりる「社団法人東京都聴覚障害者連盟」設立
昭和58年4月8日 「東京都聴覚障害新聞」第三種郵便物認可
平成3年7月 第11回世界ろう者会議(東京・武道館、京王プラザホテル)都庁前都民の広場にて「交流の広場」を主管
平成3年9月7日 都内関係10団体で聴障者社会福祉法人設立準備会が結成される
平成3年9月30日 社会福祉法人聴力障害者情報文化センター情報提供施設認可
平成3年11月17日 法人許可10周年記念祝賀会(五反田TOC)
平成4年10月4日 臨時総会で大久保に事務所購入及び移転決議
平成4年11月2日 新宿区大久保2-1-10ニュースター大久保9階に事務所を移転
平成5年9月19日 パソコン通信ネットワーク「トレンネット」開局
平成7年3月4日 全国最高齢ろうあ者岡沢久子さん(渋谷区)97歳で逝去
平成8年2月18日 臨時総会で岡沢氏所有土地の寄付受け入れ及び一部購入を決議
平成8年8月5日 「岡沢記念聴覚障害者自立支援センター(仮称)」準備委員会発足
平成9年5月17日 インターネットホームページ開設(http://www.deaf.to)
平成10年7月18日 「東京聴覚障害者自立支援センター」オープン渋谷区東1-23-3の同センター3階に主たる事務所を移転自立竣工式
平成10年1月11日 法人許可15周年記念大会(武蔵野公会堂)
平成12年4月1日 自立支援センターへ都コミュニケーション事業委託移管
平成12年12月4日 福祉対策プロジェクト委員会発足
平成13年2月1日 「社会福祉法人東京聴覚障害者福祉事業協会」認可
平成14年4月1日 「たましろの郷」オープン
平成14年4月1日 東京都立葛飾ろう学校開校
平成14年4月12日 東聴連とソウル聾唖人協会とで姉妹団体結縁ソウル交流
平成15年3月 東京聴覚障害者総合センター構想がまとまる
平成15年11月16日 法人許可20周年記念・第50回東京都聴覚障害者大会(渋谷公会堂)
平成16年12月6日 福祉対策プロジェクト委員会が発展的解散、福祉対策会議発足
平成18年4月1日 東京都立中央ろう学校開校
平成19年4月1日 コミュニケーション支援事業地域(区市)で実施
平成20年1月12日 法人許可25周年祝賀会(ウエルサンピア多摩)
平成25年4月1日 障害者自立支援法が総合支援法として改正施行
(コミュニケーション支援事業が意思疎通支援事業に)
平成25年11月15日 東京都から公益社団法人認定
平成25年11月17日 第60回東京都聴覚障害者大会・法人許可30周年祝賀会
(ハイアットリージェンシー東京)
平成25年11月28日 公益社団法人に組み入れ移行
(社団法人東京都聴覚障害者連盟は11月27日付で解散)
Print Friendly